読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅーすばんく

しがない地方銀行員のブログです。

銀行で働く愉快な仲間


Hatena

Feedly

後輩のM君

こんにちは。銀行員ブロガー半田です。

今日は銀行で働く愉快な仲間の紹介をしたいと思います。

 

今日紹介するのは後輩M君です。

 M君が今の支店に転勤してから、約1年半の中でのエピソードを紹介したいと思います。

後輩M君の特徴

・高身長細身

・まぁまぁイケメン

・猫背

・意外と春高出場経験あり

とまぁパッと見ハイスペックなM君ですが、なかなかネタを持ってます。

社長!○○したら教えてください!

これはM君が現在の支店に転勤してきてわずか二日目の出来事です。

当時銀行では事業承継に力を入れていました。

事業承継では、まず社長の引退のタイミングを把握しなければなりません。

そこで、M君が取った行動は、

 

『社長!死んだら教えてくださいね!』

 

そんなことを言われた社長は当然M君を出禁にして、塩まで撒いたらしいです。

 

現金が合いません!

これは銀行員ならば一度は出くわすシーンではないでしょうか。

そう、取引先から預かってきた現金が合わなかったのです。

しかも夕方の6時頃。

 銀行にまつわる話で、有名なものが「現金が合わないと帰れない」という話があります。

実はこの話は本当で、実際に現金が合わないと帰れません。

そんなわけでみんな大慌てで差額の小銭を探す。もうみんな必死。(帰れないから)

捜索しだすこと30分。あらかた探したが一向に見つからない。

結局預かってきた金額が違うとのでは?との結論に至り、取引先に電話。

担当者『○○円?あー、こっちにあるよ!』

 

一同『よかった。本当によかった。』(やっと帰れるから)

 M君はすぐに上司と先方に向かい、謝罪と差額のお金を預かりに行きましたとさ。

 

友人に貸した車が・・・

後輩のM君は普段あまり車に乗らないらしく、通勤も電車。

なので、他県(都市部)に住む学生時代の友人に車を貸していたそうです。

ある日、車を貸していた友人から、

 

友人『なんか当て逃げされたっぽい!!』

 

と悪夢のような連絡が。

まじめなM君は上司に報告。

報告された上司も、初めての経験にどうしていいかわからない始末。

もちろん保険は適用外であり、自腹で車を治すはめになりました。

 

営業車がありません・・・

清々しい朝。出社一番で、

同僚S『あれ?Mの営業車の鍵なくない?』

営業車の鍵は、すべて並べて壁にかけてあるため、どの車の鍵がないのかは一目瞭然です。

 M君『昨日戻したと思うんですけど・・・。それか寮に置いて来ちゃったかもしれません・・・。』

上司『車につけっぱなしかも知れないから、見て来いよ』

他にも何人か同じ事をしたことがあるので、上司はM君にそう指示しました。

 

しかし、戻ってきたM君が放った言葉は、誰も予想していないものでした。

 

M君『営業車自体がありません・・・』

 

みんな一瞬凍りつきました。

「ざわ・・・ざわざわ・・・」とか聞こえてきそうな勢い。

内心私は不謹慎ながら爆笑www

 

結局、これは他グループの人が朝早くM君の車を借りて出かけただけでした(笑)

M君に非は全くありませんでしたが、やはりそこはM君。

持ってます。

 

 

 ここまでM君のエピソードを紹介してきましたが、M君はとてもいいやつです。

いつも支店にネタを提供してくれます。一緒に働いていて飽きません。

M君!これからもよろしく!

 

鍵/スマホ/財布等の紛失防止・盗難防止対策に! Bluetooth4.0対応 紛失防止タグBLEタグ FIND IndyGo 子供迷子防止 置き忘れ防止グッズ 便利グッズ iPhone6s10P03Dec16

価格:2,980円
(2017/1/15 23:16時点)
感想(8件)