読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅーすばんく

しがない地方銀行員のブログです。

銀行員が嫌う経営者・会社


Hatena

Feedly

こんばんは。銀行員ブロガー半田です。

今日は銀行員が嫌う経営者・会社の特徴をご紹介します。

銀行員が嫌う経営者・会社とは

基本的に私の主観です。

ひとことで言うと、やっかいな経営者・会社のことです。

私の普段の業務の中で、出会った顧客をもとに書いてみました

f:id:ggg-skkipa:20170119205322j:plain

 

金利にうるさい

まぁこれは気持ちもわかります。金利は安いに越したことはないですからね。

ただ、業績のいい会社なら、金利についてうるさく言う権利があると思います。

業績が悪いくせに、金利にケチをつけてくる輩。これが一番厄介。

銀行は決算書に基づき、格付というものを取引先に付与しています。

簡単にいうと、AとかBとかランク付けみたいなものです。

お金を貸す時の金利は、この格付を基準に決めています。

つまり、業績のいい会社ほど金利を低く設定しやすく、業績の悪い会社ほど高くなります。

完全に私の主観ですが、田舎に行くほど身の程をわきまえていない会社が多い気がしますね。

 

『業績が悪い時ほど、金利を安くして企業を支援すべきだろ!』

とか言ってくる社長がいますが、内心

 

『(うるせぇ死ねカス!!!)』

 

とかぶっちゃけ思ってます。

 

銀行はあくまで個人・法人のお客様から預かっているお金を、他のお客様に貸しているのです。つまり他人のお金です。

あなたが預金者だとして、そんな業績の悪い会社に、低利率でお金を貸していたら、どう思いますか?戻ってこないかもしれないんですよ?

銀行はボランティアじゃないんです。貸出のリスクに応じてきちんと金利はいただきます。

 

集金先

これは地銀・信金にありがちだと思います。

どこの支店にも集金先と言われる取引先があります。

これはその名の通り、定期的に集金に行っている先です。

だいたいが、昔から行っているからとか、集金を条件に取引をしているとかが大半です。

私の勤めている銀行では、集金はなるべく断って、減らしていこうという意向ですが、未だに残っているのが現状です。

まぁ集金先があるのはしょうがないと思います。一番嫌なのは、貸出もなく、投信保有先でもないのに集金に行かされる取引先。

大口預金先であり、他行に預金を移されてしまう懸念があるため、断るに断れないケースですね。

 

はっきり言ってただの時間のムダです。

 

正直、何の実績にもならない取引先には行きたくありません。

限られた時間の中で、実績を残さなければいけないのに、なぜこんな何も生産性のない仕事をしなければいけないのか。

これは銀行という業種ならではのものではないでしょうか。

 

やたら横柄な態度

60代~70代の世代に多い様な気がします。

日本の高度経済成長を支えてきた世代です。本当にありがとうございます。

ただ、無駄に横柄な人は本当に厄介です。

何度も言いますが、業績がバリバリいい会社の社長、大口預金者だとかであれば、まぁ許せます。

 

本当にただの老人なのに横柄な人。あなた何様なの?

 

って人がごくまれにいます。

やれ『銀行にせっかく来たのに、茶も出さねぇのか!』だの、『うちは○○支店の方が近いから、そっちに担当を移せ!』だの言ってくる人もいます。

 

私もこういった社長の会社を、何回か担当したことがあります。

本当に厄介。どこからその自信はわいてくるの?と思います。

こういった社長が経営している会社は、業績・規模共に大したことがないことがほとんどです。

ただ、二代目がまともなケースが多いことも救いです。

横柄な社長の応対をする時、私は内心

 

『きっと、誰からも相手にされない、かわいそうなジジイだ。』

 

と思いながら接して耐えています。

 

自社製品を購入させる会社

特に食品を作っている会社が多いですね。別に買うこと自体は全然構わないんですが、個数のノルマを課してくるパターン。非常に厄介。

しかもノルマを達成できなかったら、借入を完済されるというオマケ付き。

安いものであればいいんですが、単価の高い商品の場合は非常に困ります。

たいてい支店の人に買ってもらうようお願いするのですが、単価が高いとお願いしにくい。だってみんな自腹で買うから。

 

あと、こういった販促に協力してくれない支店長。

支店長が買わないことにかこつけて、『なんで支店長が買ってないのに買わなきゃいけないんだよ』とか言ってくる上司。

お前らホント死ね!!

 

私はできるだけこういった取引先からの販促は協力するようにしています。

困ったときはお互いさまですからね。

 

 

 

まとめ

ざっと書きましたが、あくまで私の主観ですので。

少しでも銀行の裏側を理解していただけたら、光栄です。